construction de logements.

Le gouvernement uruguayen a fondu plus de 12 000 armes, pour en tirer du métal destiné à la construction de logements. Les barres d’acier ont été obtenues grâce à
12 429 armes hors d’usage, provenant des dépôts de la police.
Elles devraient permettre d’édifier de 200 à 300 habitations, qui seront en partie financées par le gouvernement.
Un beau recyclage !

カテゴリー: news

Eric Dupuy

J'enseigne le Français à Espace à gogo et m'occupe de la salle de location de Atelier Haco. J'organise de Voyages en péniche sur le Canal du Midi en France. Asso FFJ au japon. Balades en Moto. エリック デュプイと申します。 フランス南西部のトゥールーズという町から1997年に来日しました。 いくつかのフランス語学校で働き、その時に出会ったガテニヨメソッドを中心に学べる学校を、と2003年、荻窪にエスパス・ア・ゴゴを開校しました。 2012年より西荻窪に移転をして今に至ります。 Festival artistique au Japon

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です