昨日は、フランス家庭料理×語学ワークショップ『フランス語で味わおう!』の第2回目が開催されました。主催はエリックと、吉祥寺の“カフェ・ミミ”オーナーのナタリ。
2人と一緒にレシピ(仏・日併記)を読みながら前菜、主菜、デザートをわいわいと作ります。今回は、手作りソーセージと、フランスから持ち帰った鴨のコンフィを白いんげん豆で煮込んだ、「カスレ」が主菜。
ソーセージ作りはほとんどの方が初めての体験でしたが、うまくいきました。
料理ができたら、皆でテーブルセッティングをして、乾杯!
食事をしながら、ナタリやエリックの食文化の違いや、食事とワインの相性、クレープの話…。あっという間に予定時間を過ぎてしまいました。

フランス料理の技術を学ぶのではなく、料理や食事の体験を通して、フランス語と、フランス文化についての理解を深める当ワークショップ、今後は2−3ヶ月に一度のペースで継続していくそうです。
次回の日程は4月の5日(日)、メニューは近日中にお知らせします!

最後に、今回ソーセージの種を準備くださったのは、ラ・プルミエプゥッスの鎌田シェフ。
とっても美味しくできました!

ありがとうございました!

Saucisse

discussion

料理のアトリエ1@エスパス・ア・ゴゴ

カテゴリー: アトリエ

Eric Dupuy

J'enseigne le Français à Espace à gogo et m'occupe de la salle de location de Atelier Haco. J'organise de Voyages en péniche sur le Canal du Midi en France. Asso FFJ au japon. Balades en Moto. エリック デュプイと申します。 フランス南西部のトゥールーズという町から1997年に来日しました。 いくつかのフランス語学校で働き、その時に出会ったガテニヨメソッドを中心に学べる学校を、と2003年、荻窪にエスパス・ア・ゴゴを開校しました。 2012年より西荻窪に移転をして今に至ります。 Festival artistique au Japon

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です